住宅ローン金利の変更はできる?

住宅ローン金利の金利を決めて、一度借り入れをしたあとに金利のタイプの変更をする場合手数料がかかる場合が多くなっています。
住宅ローン金利の金利を固定期間特約型にした場合は、その期間内は変更できない場合もあります。
しかし基本的には借り入れ時点で将来の住宅ローン金利変更を見据えて借りるのはお勧めできません。
そういうことを考えている時点で全期間固定をお勧めします。
金利の変更手数料についてはどのような変更か、インターネット上で行うか、書類で行うかなどにより変わったり、金融機関によって違う場合があるので予め確認しておきましょう。
しっかり考えて住宅ローン金利の金利を選んだなら変更手数料が安いか高いかをあまり最初から考えておく必要はないでしょう。
住宅ローンを金利一覧で比較!2017年は金利が上がる?【フラット35】