クレジットカード審査落ちる理由として

クレジットカードの審査で落とされることはあまりありません。
カードローンに比べて貸倒の心配があまりないことから審査もスピーディーです。
しかし、それでもクレジットカードの審査で落ちる理由はあります。
まずブラックリストに載っている人はほぼ無条件で落ちます。
これは、一度金融事故を起こしている人は金融機関側も信用できないというのがその理由です。
これはカードローンのような融資だけではなく、クレジットカードであっても同じことです。
また、クレジットカード特有の落ちる理由として一度に多くのカード申込をする場合が挙げられます。
この場合、ショッピング枠の現金化を疑われて警戒されてしまうのです。
1か月に5枚も6枚も申し込むと審査落ちすることがよくあります。
クレジットカード審査不合格理由は?【審査甘いランキング!】