自営業の住宅ローンと確定申告の問題とは?

自営業の住宅ローンでは、確定申告を3回以上していることが目安になります。
一般サラリーマンでも勤続年数が2〜3年といわれるように、自営業の場合でも3年間の収入が安定して推移しているかを審査されます。
気をつけたいのは、売り上げはそれなりにあるのに、設備投資などで収入が減少している様なことがあると、安定収入、業績優良という評価が得られない場合があることです。
住宅ローンの検討をしているなら、3年間の確定申告額が出来るだけ高収入で申告出来るようにすることと、頭金に向けた貯蓄をすすめることです。
頭金があると、金銭管理や家計コントロールの能力があるので、返済もキチンと出来ると言う信用が得られるのです。
住宅購入に向けて確定申告と頭金はポイントですね。
自営業の住宅ローン審査でおすすめは?