光乗り換えキャンペーン違約金対策

インターネットの光回線サービスには色々なプランや割引、更にはキャンペーンが展開されていますね。
現在、もっとも多い割引は、契約期間を2年間に固定することにより月額利用料金を安くするという割引サービスです。
このサービスを利用すると、2年以内の解約は違約金(業者によって名称が変わりますが)が発生します。
又、初期工事費を強制的に分割している業者もいるようです。
このような場合は、解約時に初期工事費用をまとめて請求されてしまします。
同一キャリア内でのプランの変更は、内容によっては違約金を回避することができますが、NTTからauへ変更というようなキャリアの変更は間違いなく違約金が発生します。
そのような違約金対策として、「乗り換えキャンペーン」と称して新規契約側のキャリアが違約金を負担してくれるサービスも出始めています。