住宅ローン減税とは?

住宅ローンを組むにはまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。
フラット35という名前の住宅ローン最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ厳しい審査が待っています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はまた、それに加えフラット35の審査特徴として一般的な住宅ローンと一緒です。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、色々な面から審査されるそうです。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。
住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

住宅ローン減税手続き方法は?確定申告書類!【2017年控除額】