住宅ローン相談でどこで借りるか決める?

どこで借りるかという住宅ローン相談住宅を購入したときに、どこから借り入れをすればよいか、という住宅ローン相談が多くあります。
住宅ローンは多額な借入金を長期に渡って返済することになりますので、その借り方をしっかりと押さえておくことが大切です。
まず、公庫融資を軸にするという方法があります。
公庫は一定の基礎基準が定められている、質を高めた融資です。
また、多くの利用者にとって借りやすく、かつ低利な長期固定金利なので公庫を軸に借り入れるのが基本になります。
また、幅広い民間金融機関のローンを活用するという方法もあります。
公的融資にない融資条件と低利な変動金利を、公庫の資金と併せた協調融資も視野に入れておくと有効です。
また、金利と返済期間のことも考えながら、借り方を検討することも必要です。
例えば、借入金1000万円、35年返済で金利が2%と3%とでは、長期的に見れば大きく返済額が異なってきます。
また、返済期間が長期か短期かという視点も合わせて検討していくことが大切なのです。
住宅ローン相談おすすめは?審査・金利・銀行選び【無料申込窓口】